日本に台風9号、10号、11号と3つも接近しています。関東、東北、北海道では注意、警戒が必要です。そこで気象庁の最新の進路予想を見てみたいと思います。

それでは2016台風9号、10号、11号についてみていきましょう。

台風10号の最新進路予想はこちら

2016台風10号の気象庁最新予想は?なぜ進路変更した?



Sponsored Link

2016台風9号の気象庁の最新進路予想!

2016,台風,9号,気象庁,最新,進路,予想

引用:気象庁

台風9号は22日の深夜にかけて、関東を直撃して北上する予想です。特に22日朝の通勤、通学時間帯に上陸している恐れがあるので、交通機関が麻痺する恐れがあります。

関東、東海のお住まいの方は注意が必要です。

また22日15時には台風9号がさいたま市付近に達するので、関東、東北にお住まいの方は帰宅時にも影響が出る可能性があるので、注意してください。


2016台風10号の気象庁の最新進路予想!

2016,台風,10号,気象庁,最新,進路,予想

引用:気象庁

台風10号は日本を沿れた進路のため直撃はしませんが、南西にゆっくり進んでいるので九州や沖縄諸島に直撃する恐れがあります。

九州や沖縄にお住まいの方は注意しましょう。

~追記~

進路が大幅に変更しそうです。台風10号の最新進路予想についてはこちら

2016台風10号の気象庁最新予想は?なぜ進路変更した?



Sponsored Link

2016台風11号の気象庁の最新進路予想!

2016,台風,11号,気象庁,最新,進路,予想

引用:気象庁

台風11号は北海道に上陸後、22日には温帯低気圧になると思われます。21日15時現在、八戸市の東約120kmにあり、、22日3時には網走市の北約80kmに達すると予想されます。

東北北部、北海道の方は大雨と暴風に警戒してください。


台風9号、10号、11号はいつ上陸する?

台風9号は明日には東海、関東に上陸する予想です。22日朝までの降水量も東海地方が100ミリ、関東で60~80ミリと予想されるます。

22日は月曜ですので、まだ夏休みの期間でしょうから通学する学生は少ないかもしれませんが、通勤する方はくれぐれも注意が必要です。

台風10号は日本から逸れて南西に進んでいます。九州には上陸はしないようですが大しけ、暴風の影響はあるので注意しましょう。沖縄諸島では進路によって直撃の恐れがあります。

~追記~

台風10号の進路は大幅に変更しそうです。台風10号の最新情報はこちら

2016台風10号の気象庁最新予想は?なぜ進路変更した?



しかし速度が遅いので、低気圧に変わる可能性があります。

台風11号は、現在東北北部をかすめて、北海道の南部に上陸しています。明日22日の15時には北海道を抜けてオホーツク海に達する予想です。

ピークは22日の夜中の3時のようですが、15時まで降水量が120ミリと予想されているので警戒注意しましょう。