水泳でパラリンピックを目指す片腕の高校生の岡部歩乃佳選手が、日テレの24時間テレビで佐渡海峡を遠泳します!

岡部歩乃佳選手は4歳の頃から水泳を始めて、数々の賞を獲っているんですよね!東京パラリンピックに期待できる水泳選手です!

岡部歩乃佳選手が片腕になった理由は何なのでしょうか?また中学校や高校はどこなのでしょう?

それでは岡部歩乃佳選手について見ていきましょう^^

Sponsored Link

岡部歩乃佳の片腕の理由は?

岡部歩乃佳,片腕,理由
岡部歩乃佳選手が片腕になった理由は、病気や事故ではありません。生まれながらにして片腕がなかったんですね。先天性右腕肘下欠損という障害です。

岡部歩乃佳選手は生まれながらにして片腕がない、という障害に落ち込んだ様子や取材記事はありませんでした。岡部歩乃佳さんはいつもエガを絶やさない女性という印象です^^

これは岡部歩乃佳選手自身も素晴らしい前向きな性格だということもありますが、ご両親の教育の賜物ではないでしょうか。実際僕の古くからの友人で手と腕に障害を持った人がいます。

この友人もとても前向きで明るい人で、小さい頃はその友人が障害者であるという認識するなかったんです。この友人のご両親は健常者と同じように育て、かつ障害に負けないために音楽を小さい頃からやらせていたんです。

岡部歩乃佳選手のご両親も同じように、障害に心が負けないために水泳を始めたのではないかなって思います。

実際岡部歩乃佳選手のお母さんも自分自身の体に自信を持ってもらいたい為に水泳をやらせたそうです(*^^*)

これからパラリンピックに向けて頑張って欲しいですよね!

岡部歩乃佳の中学や高校は?

岡部歩乃佳,中学,高校
岡部歩乃佳選手は現在15歳で高校生です。出身中学は愛媛県の中萩中学校で、中学校の頃は水泳部の主将を務めていました。岡部歩乃佳選手が現在在籍している高校は、新居浜東高校です。

岡部歩乃佳選手はリオのパラリンピックには残念ながら代表になることは出来ませんでした。しかし、次の東京オリンピックを目指し、日々練習しているそうです!

岡部歩乃佳選手が中学3年生の時に、障害者スポーツの世界大会「IWAS大会」の水泳競技で銀メダル2個、銅メダル1個という非常に良い成績を残しました。

東京オリンピックが開催される2020年には高校も卒業して、大学かあるいは企業に就職するでしょう。水泳はきっと続けていると思いますが、オリンピック強化選手になっている可能性は十分にありますよね!

Sponsored Link

岡部歩乃佳が水泳で24時間テレビに!

岡部歩乃佳,水泳,24時間テレビ
岡部歩乃佳選手は、24時間テレビで佐渡海峡を遠泳します!岡部歩乃佳さんのお住まいは愛媛県で、佐渡海峡は新潟と佐渡ヶ島を繋ぐ海峡なので、愛媛から新潟まで移動しなければなりません。

移動もけっこう大変だと思います^^;

岡部歩乃佳選手が遠泳する佐渡海峡は約40kmで、岡部歩乃佳さんがこの遠泳に挑戦する理由は、

「同じ境遇の方に夢を与えたい」

まだ15歳の高校生がこのように考えるなんて、本当に素晴らしいですよね。また岡部歩乃佳選手本人もこの遠泳で夢を与える力がある、ということを実感し、この先の人生も自信を持てるのではないでしょうか(*^^*)

この岡部歩乃佳選手の思いを知った、リオオリンピックの銅メダリスト松田丈志選手がサポートに駆けつけてくれるそうですよ!

スポーツで繋がる絆って素晴らしいですよね、24時間テレビでの岡部歩乃佳選手を応援しています!