台風12号2016が9月3日13時30分現在、屋久島の南南西の約100kmに存在し、北北西へ毎時15kmのスピードで進んでいます。九州、四国にお住まいの方は十分注意してください。

台風12号の気象庁による最新の進路予想や関東、東京への影響はどうなるのでしょうか?

それでは台風12号2016について見ていきましょう。

台風12号2016の気象庁の最新進路予想

台風12号,2016,気象庁,最新,進路,予想

引用:気象庁

台風12号は現在、屋久島の南南西約100kmのところにありますが、4日には九州に接近して上陸する可能性があります。

台風12号は4日の12時に枕崎市に、5日の9時には佐世保市に接近する予想で、動きが遅いので台風12号の影響が長引く恐れがあるので十分注意してください。

特に5日は週の始まりで通勤、通学に影響が出る恐れがあります。交通情報を逐一チェックするよう心がけてくださいね。また高波、暴風の恐れもあるので、こちらにも十分警戒してください。

また台風12号の影響は九州だけでなく西日本を中心に大雨や暴風、高波になる恐れがあります。外出する際には十分注意してください。

台風12号は5日9時過ぎに佐世保市付近を通過し、その後熱帯低気圧に変わり6日の9時には日本海に抜けていく予想です。

Sponsored Link

台風12号2016の関東や東京への影響は?

4日は関東でも台風12号の影響で上空の寒気や湿った空気が入り、局地的に雷雨がある可能性があります。

また台風12号の進路予想を見ると、このまま行くと関東や東京に達する進路になりそうですが、前述したとおりその頃には熱帯低気圧に変わっていると予想されます。

したがって、関東や東京では台風12号の直接的な影響はなさそうですが、5日から6日にかけて天候がすぐれません。

また熱帯低気圧にならないで強い台風のまま関東や東京に上陸する可能性もあるので、台風情報は定期的にチェックしましょう。

台風12号が九州に接近し、四国にも影響をおよぼすので、九州、四国にお出かけする予定の方は、台風情報に合わせて交通情報もチェックしてくださいね。

電車や飛行機など台風の影響を受ける可能性は十分予想されるので、常に最新の情報を把握することが理想となりますね。

可能であれば予定を変更、中止することも視野に入れて行動することも検討してみましょう。