フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんを患い、闘病中であることを公にしましたね。そして小林麻央さんの癌のステージが「ステージ4」だということも公表しました。

これには世間もみな驚いたことだと思います。小林麻央さんのステージ4のQOLの手術が10月1日に成功したという報告を、小林麻央さん自身のブログでしていましたね。

小林麻央さんが患っている乳がんのステージ4の完治や生存率はどうなっているのでしょうか。

また小林麻央さんがステージ4という過酷の状態の中でブログを更新していますが、その意味とはなんなのでしょう?

それでは小林麻央さんについて見ていきましょう。

Sponsored Link

小林麻央ステージ4の手術に成功

小林麻央,ステージ4,手術,成功
小林麻央さんが10月1日にブログでステージ4のQOLの手術が成功した、と報告しましたね。

このQOLとはクオリティ・オブ・ライフの略で、生活の質を向上させるという意味なんです。この言葉自体は何も手術に対してだけに使う言葉ではありません。

みんなが意識するべき言葉だと思います。しかし、小林麻央さんのQOLの意味は、進行がんに伴う精神的、肉体的な痛みを取り除き、希望や生きがいを高める考え方ですね。

ステージ4の場合、癌を全摘出するのは非常に難しいため、今回の小林麻央さんが手術に成功したというのも癌の一部を取り除いたという見方が大方の予想です。

しかし、小林麻央さん自身はブログでも綴っていますが、ステージ4の根治は難しい事を十分理解している上で、それでも治したい、奇跡を起こしたいと言っています。

小林麻央さんの心はとても前向きで、もし自分がそうなったとしたら、果たして小林麻央さんのように前向きに考えられるのだろうか、と思ってしまいます。

もちろん、夫の海老蔵さんやお子さんたちを始め、周りの人たちの支えもあるでしょうが、小林麻央さんは凄い女性だなって感じます。

小林麻央ステージ4の完治は?

小林麻央,ステージ4,完治
小林麻央さんが患っている癌の「ステージ4」の状態は、いわゆる末期がんの状態です。

乳がんのステージ4は、乳がんの最終ステージとなり、「末期がん」や「遠隔転移乳癌」と呼びます。

つまりガンの転移が体中に広がっている段階で、小林麻央さんのように骨や肺に転移したり、肝臓や脳にまで転移することもあるんです。

その中で転移しやすい部所が肺と骨で、まさに小林麻央さんの状態なんですね。

一般的にはステージ4の状態の癌の完治は非常に難しいと考えられていますが、しかし末期がんからの完治した人も確かにいるので諦めてはいけませんよね。

こちらが実際にガンを克服した方を家族に持つ人が運営しているサイトです。

末期がんからの生還

こちらのサイトにもあるように、

末期がんであっても、諦めずに正しい方向へ向かう努力を続けることで、改善・完治の可能性は飛躍的に高まります。

Sponsored Link

小林麻央ステージ4の生存率は?

小林麻央,ステージ4,生存率
小林麻央さんの乳がんでステージ4の状態の生存率ですが、5年の生存率は大体20~40%前後だと言われています。もちろん体力や状況によって違うのですが。

ただステージ4でも完治した人もいますし、10年以上たっても元気に過ごしている人もたくさんいるんですね。

小林麻央さんも絶対に治したい、とブログで宣言しています。諦めずに癌と戦って欲しいですし、応援しています。

小林麻央ステージ4の状態でブログをする意味とは?

小林麻央,ステージ4,ブログ
小林麻央さんが乳がんのステージ4の状態でもブログをしていますが、その意味や感想について様々な意見があるようです。

 

小林麻央さんの真意は「もし、同情するぐらいなら、あなたも積極的に検診を」

本当に強く素晴らしい女性ですね。ダウンタウンの松本人志さんはこのようにコメントしていました

「子供への思い。暗い思いをさせたくないというのもあるのでは」と推察し、さらに「素晴らしい。偉人に近い感じ」と麻央の、人間として、母としての強さを評していた。

引用:スポニチ

どうか奇跡が起きるよう応援しています!