今や音楽業界はエグザイル系のアーティストが隆盛を極めていますが、三代目JSBが所属する株式会社LDHが、年末の音楽祭「レコード大賞」を買収下との報道が流れました!

これはあの文春砲が炸裂した形になるんですが、真相や経緯はどうなのでしょうか?また株式会社LDHの社長を務めていたHIROさんが突如年内いっぱいで所長を退任するんだとか・・・

それでは、三代目JSBのレコ大買収について見ていきましょう!

Sponsored Link

三代目JSBがレコ大をやらせで買収?

三代目JSB,レコ大,やらせ,買収
三代目JSBが2015年末の「日本レコード大賞」を受賞しましたが、大手芸能プロ「バーニング」が、三代目JSBが所属する株式会社LDHに1億円を請求したようです。その請求書がこちら

レコ大買収疑惑の請求書

この1億円の請求書には、品名が「年末のプロモーション業務委託費として」とあり、レコ大のヤラセを匂わせますよね。

レコ大は今年で58回目と長寿の音楽祭で過去は、年末のレコ大を獲得することが、アーティスト側はもちろん、視聴者側からしてもステータスとして印象に残りました。

それは1年で最も活躍した、売上のあった、話題になった優秀なアーティストが受賞してきたからです。

しかし、近年ではレコード会社やプロダクションの審査員への買収疑惑や談合疑惑が、ずっとくすぶり続けていましたよね。

このきな臭い疑惑は、受賞したアーティストが明らかにその年に最も話題になった、人気があったとは思えなかったから起きたことです。

さらに近年のレコ大を振り返ると、2008年から2010年の3年連続でエグザイルがレコ大受賞してします。

そして2001年から2014年までの14年間の間に、9回三代目JSBのレコード会社エイベックス所属のアーティストが選ばれているんです。

まぁ同じアーティスト、同じレコード会社のアーティストが何回選ばれていようと、その年で最も話題になり優れていれば、一般大衆からも文句はないでしょうけど、明らかにおかしかったりしますからね^^;

一番分かりやすいのが2014年です。この年は「アナと雪の女王」が大ヒットし、それの挿入歌「LET IT GO」が大流行しました。

にもかかわらず、この年もやはり3代目JSBがレコ大を受賞したんです・・・これは当時誰もが不満に思ったと思います。

Sponsored Link

HIROがLDH社長退任?

HIRO,LDH,社長,退任
このLDHの決定的なレコ大買収疑惑が週刊文春の取材の2日後に、HIROさんは年内の社長退任を発表したそうです。

このタイミングでの社長退任は、やっぱり怪しいと思わざる負えないですよねぇ(´・ω・`)

Twitterでは色々感想が出ていますよ^^;


昨今の音楽業界の停滞、下降っぷりを表す出来事だなぁって感じてしまいますね。。。

これでがぜん今後のLDH所属アーティストや、今年のレコ大がどうなるのか興味がわきますw