歌手の大黒摩季さんが、11月6日23時に放送される「情熱大陸」に出演します!

大黒摩季さんは2016年8月に完全復帰したのですが、復帰するまでの間に大黒摩季さんの病気や不妊治療、そして大黒摩季さんのお母さんの介護もあったようです。

幾つもの困難を乗り越えて復活した大黒摩季さんについて見ていきましょう!

Sponsored Link

大黒摩季が復帰!

大黒摩季,復帰
大黒摩季さんは、2010年に病気の治療のために無期限活動休止を宣言しました。そして完全復活するまで6年間という時間を要したんですね。

大黒摩季さんは、3歳の頃ピアノを引き始め、1992年に歌手デビュー。有名な曲としては「あなただけ見つめてる」「ら・ら・ら」などでしょうか^^

1995年発売の大黒摩季さんのベストアルバムはトリプルミリオンを達成し、1990年代の代表的なシンガーソングライターとなりましたね(#^^#)

大黒摩季が病気を克服

大黒摩季,病気,克服
2000年代前半まで精力的に活動していた大黒摩季さんですが、子宮疾患のために2010年に無期限活動休止を発表したんです。

大黒摩季さんの子宮疾患は、子宮腺筋症の他に、左卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮筋腫も併発してしまっている状態で、内蔵を圧迫するくらい肥大してしまったんですね。

この治療をするためには強い薬が必要で、その分副作用も強いため活動休止せざるを得ない状況だったようです。

実は大黒摩季さんの子宮疾患は1996年時点で発覚していたそうで、この時点で何らかの対処をしていれば悪化しなかったのかもしれません。

Sponsored Link

大黒摩季が不妊治療を

大黒摩季,不妊治療
大黒摩季さんは2003年に結婚されていて、妊娠することがホルモンバランスの関係から、大黒摩季さんの病気の治療に繋がるため、不妊治療の為の体外受精を行いました。

しかし、何回かの流産を経験して、結果不妊治療は失敗に終わり、さらに子宮にも負担をきたしてしまい、まずは病気の治療のために2010年に無期限休止となったんですね。

その後、2015年11月には子宮の手術も成功し、改めて不妊治療を再開したそうです。ただ大黒摩季さんのペースで音楽活動をしながら不妊治療を行うそうですよ^^

そして、大黒摩季さんは体外受精によってできた受精卵を凍結して、将来的な機会に備えているんだとか。

現在46歳の大黒摩季さんの不妊治療は、世の中の不妊で悩んでいる女性にとって、とても励みになる事だと思います^^

大黒摩季が母の介護も

大黒摩季,母,介護
大黒摩季さんの無期限休止活動は、病気の治療や不妊治療の他に、大黒摩季さんのお母さんの介護もあったようです。

大黒摩季さんのお父さんは2003年に他界し、お母さんが多忙となり結果、脳出血を患い体に麻痺が残ってしまったそうです。

そんなお母さんを毎日介護しているそうです。

大黒摩季さんは、活動休止の6年間にこれだけの壮絶なことがあって、見事に復活したのは旦那さんの支えや、もしかしたらお母さんの後押しがあったのかもしれませんね(*^^*)

11月6日23時に放送される「情熱大陸」で、大黒摩季さんの空白の6年間が一体どのようなものだったのか、また完全復活した今後の事も聞けるかもしれませんね\(^o^)/