ひな祭りは女の子がいる家庭にとって大切なイベントですよね(*´ω`*)

家族の大切な思い出になるよう、毎年欠かさずお祝いしている家庭も多いのではないでしょうか。

お子さんのためにも、思い出に残るようなひな祭りをしてあげたいですよね。

ひな祭りのお祝いの仕方はどのようにすれば良いのでしょうか?また料理や食事会はどうでしょう?

またひな祭りのお祝いとして頂いたことに対して、お返しは必要なのでしょうか?

それでは、ひな祭りについて見ていきましょう。

Sponsored Link

ひな祭りとひな人形

ひな祭り ひな人形
ひな祭りのお祝い方法は風習やその家柄によって、多少違うことがあるんです。そこで、まずひな祭りの説明を少ししてから、お祝いの仕方をお伝えします。

ひな祭りは3月3日「桃の節句」にお祝いをしますが、ひな祭りの中でも赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を「初節句」といいます。

生まれて間もない赤ちゃんは、何かと忙しく準備も慌ただしいので、たいていは翌年に初節句のお祝いをすることが多いです。

ひな祭りと言えばひな人形ですが、これは里方の両親が贈る場合が多く、ひな人形を飾ることで、

健やかに成長して幸せが訪れることを願い、不幸はその娘の身代わりとなって人形に受けもらう

という意味があるんですね。

ひな人形は「お下がりは良くない」と考える場合もあるのですが、地域や家柄だったり、贈り雛の風習がある地域があったりもするので、家族や地域に合わせて決めると良いです。

ひな祭りのお祝いの仕方は?

ひな祭り お祝いの仕方
一般的なひな祭りのお祝いの仕方は、初節句の時に双方のご両親とお祝いを頂いた人たちを招待し、祝い膳などでお祝いします。

赤ちゃんの服装にこれといった決まりはないですが、やはりせっかくの初節句で、招待した人たちに愛娘をお披露目する場でもあるので、可愛らしく着飾ることが多いですね^^

最近では写真館などで記念撮影したりもします。

その服装ですがお宮参りの時に作った衣装がある家庭は、それで着飾ることもあります。

地域によっては、被布と呼ばれる着物の上に羽織る上着を赤ちゃんに着させてお祝いをする風習があります。

最近では赤ちゃんに被布を着させるのが一般的になってきました。

そして地方によっては、神社にお参りをして神職に祝詞をあげてもらうこともあるそうです。

ひな祭りのお祝いの食事会の料理はどうする?

Sponsored Link


ひな祭りのお祝いの食事会の料理ですが、まず一般的な食事は長寿を意味するエビと見通しの良い蓮根などに、彩り鮮やかな玉子、三つ葉、イクラなどを織り交ぜたちらし寿司。

そして対になって離れない貝に、女性の貞節と夫婦の絆への願いが込められている、といわれるはまぐりのお吸い物ですね、この2品が鉄板です。

また乾杯をする時には、白酒や甘酒などが一般的ですが、もっと本格的にしたいのなら、桃花酒を用意しましょう。

その他にも演出として、桃の花や菱餅、桜餅、よもぎ餅、ひなあられなど縁起の良いものも用意して、ひな祭りのお祝いを彩りましょうね(*^_^*)

しかし、もっと子ども向けの食事を考えたりすることもあるかもしれないので、一つ食事のアレンジ方法を紹介します。
  1. ちらし寿司を三角のおにぎりにします、ちらし寿司の代わりに炊き込みご飯でも良いです。
  2. 爪楊枝をうずらのゆで卵に刺して、さらに作ったおにぎりの上に刺します。
  3. うずらのゆで卵が刺さったおにぎりに薄焼き卵を着物のように巻いて、のりを帯のように巻きます。
  4. おにぎりに刺したうずらのゆで卵にゴマで目と口を作ります。
これでおにぎりおひな様バージョンの完成です。頭のうずらのゆで卵にプルーンを乗せて髪の毛にすればより、おひな様っぽいかもしれませんね~

少し手間がかかりますが、それでも難しいことではないので、よりお子さんに喜ばれる食事会の料理になるのではないでしょうか(*^^)v

ひな祭りのお祝いのお返しは必要?

ひな祭り お祝い お返し
親戚などからひな祭りのお祝いを頂いたときのお返しですが、お祝いの席に招待した場合にはお返しは必要ありません。

これはお祝いの席に招待し、あなたの娘さんと一緒にお祝いの膳を囲むことが、お祝いのお返しの代わりになるんです。

もしお祝いの席を特に設けない場合や遠方などで来て貰うことが難しい場合など、お祝いを頂いたけどお祝いの席が無い、来れない人には内祝いとしてお返ししましょう。

お返しは頂いたお祝いの半分から3分の1程度の金額の品を、お祝いを頂いてから1~2週間以内に贈りましょう。

お返しの品物ですが、祝い菓子が一般的ですが、本来はお赤飯、紅白の角砂糖をお礼の手紙を添えて贈ります。

最近では名前入りのカステラやケーキなど洋菓子、和菓子が人気がありますね。

また赤飯や祝い菓子に寝具など実用品を組み合わせて贈ることも多いです。

まとめ

ひな祭りのお祝いの仕方や食事会の料理、そしてお祝いのお返しについて解説しました。

お返しを贈る際にはマナーがあるので、必要がある場合には、参考にしてくださいね。

ひな祭りの初節句は育児が大変な時期でもありますよね。

ひな祭りの準備やお返しで体調を崩してしまわないよう、無理をせず家族で協力して楽しいひな祭りにしてくださいね(≧∇≦)/