お花見の人気スポットである目黒川は、池尻大橋から下目黒までの約4kmに渡って、川沿いの両岸にある約800本のソメイヨシノが桜が咲き乱れます。

大きな公園はありませんが、大勢の花見客で毎年賑わっています。

目黒川の桜の開花予想はどうなのでしょうか?また目黒川周辺のお花見のおすすめスポットは何があるのでしょう?そして目黒川の混雑状況や禁止事項に関しても紹介します。

それでは、目黒川のお花見について見ていきましょう!

Sponsored Link

目黒川の桜の開花予想とお花見のおすすめスポット

目黒川 桜 開花予想 お花見 おすすめ スポット
目黒川の桜の見ごろは例年3月下旬から4月上旬なので、今年も目黒川の桜の開花予想は3月下旬から始まるでしょう。

都内有数の桜の名所なんです。目黒川の両岸から川面に重なり合う桜は、とても幻想的です。

目黒川の池尻大橋から下目黒までの約4kmにわたって桜が見れるので、最寄駅は大崎、五反田、目黒、中目黒などになります。

目黒川周辺のおすすめのスポットですが、まずは最寄駅が目黒駅の目黒川ふれあい橋です。

目黒川ふれあい橋は、遊歩道より一段高いところに架けられているので、遠くまで目黒川の桜の景色を見ることができます。

そのため、絶好の撮影スポットとしても人気がある場所ですね。目黒川ふれあい橋周辺にはカフェやショップもあるので、お花見散策しながらカフェやショップを楽しめますよ。

次は中目黒や代官山が最寄駅の目黒川船入場です。目黒川船入場は目黒川沿いの桜が楽しめるのですが、川の資料館としても有名なんですね。

目黒川の川幅は、大橋から目黒方面に進むに連れて広がるので、大橋周辺の風景とは違った壮観な景色が楽しめます。

目黒川からほど近く、中目黒や代官山から歩いて行ける西郷山公園もおすすめですよ。

西郷山公園の桜の見頃も目黒川と同じく3月下旬から4月上旬で、西郷山公園は高台になっているので、中目黒方面の景色が一望できるんです。

その為、夜景スポットとしても人気があるんですよね(*´ω`*)

そして最後に目黒が最寄駅となる目黒雅叙園。ここは国内で初めての結婚式場でもあるのですが、実は穴場のお花見スポットでもあるんですね。

目黒雅叙園の和風美と桜を楽しむことができて、中目黒辺りと比較するとかなり空いているので、ゆっくり静かに桜を眺めることできますよ。

目黒川のお花見の混雑状況は?

Sponsored Link


目黒川の花見の混雑状況ですが、お昼は激混みです。

川沿いを往復一周するのに普通に歩くと、大体30分ほどで一周できるのですが、人ごみでなかなか前に進めず、人にぶつからないように注意しなくてはなりません。

通り沿いのカフェは長蛇の列となります。また夜も夜の6時から9時まで、桜のライトアップがあるので混雑しています。

なので、通り沿いのカフェでのランチやディナーを楽しみたいのなら、長蛇の列に並ぶ根性が必要ですよ。

また前章でおすすめスポットとして挙げた目黒川ふれあい橋の上も大混雑しているので、混雑を避けたいのなら午前中です。10時頃までなら自転車でも普通に走れるくらい空いています。

そしてもっと純粋に目黒川の桜を落ち着いてみたいなら、明け方がおすすめですよ。年々混雑してきましたが、それでも朝早くだと写真もゆっくり撮れるのでオススメです。

正直な話、満開の時期の人混みはまるでお祭り状態なので、人混みが嫌いな人にはおすすめできないかもですね(;´∀`)

前述したように朝方に行くとか、穴場スポットに流れるとか工夫して混雑を避けましょう。

また混雑覚悟で見に行く場合、もし小さなお子さんと一緒であれば、迷子にならないよう注意してくださいね。

ちなみに目黒川には出店も出てて、土地柄かおしゃれなものが多く、ロゼのシャンパンを片手に歩いている人も多く見られます。

他のお花見スポットではなかなか見られない光景ですよね(*^_^*)

目黒川のお花見の禁止事項

目黒川 お花見 禁止
目黒川の花見の禁止事項は、
  • 騒音
  • ごみ捨て
  • ごみの放置
  • 植え込みへの立ち入り、
  • 宴会
です。この宴会が禁止になったのは実は割と最近の話でなんですよね。

まだ宴会が禁止されていなかった数年、目黒川のお花見の宴会が度をこすようになって、近隣の住民の人たちの苦情が多くなったことが背景にあるようなんですね。

なので、残念ながら目黒川沿いで敷物を敷いての宴会はできません。まぁ人通りも多く、道も細いためそもそも宴会ができるスペースが無いです。

それに、お花見の時期に合わせて、仮設トイレや臨時駐車場が設けられるわけでもないので、目黒川沿いで宴会をするのは無理ですね。

もしどうしても宴会がしたいというなら、周辺のお店で宴会するのが良いでしょう。

しかし、考えていることはみんな一緒なので、桜を見た見物客の大勢が中目黒川沿いのお店に雪崩れ込むので、当日予約をしておかないとまず入ることはできないでしょう。

なので、もし宴会をするつもりならば、場所取りの代わりに店取りを事前にしておくことを忘れないようにしてください。

まとめ

目黒川は純粋に散策しながら花見をするのが一番だと思います。

しかし、お花見宴会をしたいのであれば、周辺のお店のリサーチや予約など、事前に準備して、楽しいお花見を過ごしてくださいね(≧∇≦)b