同棲生活を始める時に何がまず必要なのか、そして費用はどれくらいになるのか、このへんが気になるところですよね。

同棲することが決まったものの何が必要で、どのくらいの費用がかかるのかをちゃんと認識していないと、せっかくの2人の同棲生活がうまく始められない、継続できない事になりかねません。

今回は同棲での新生活に必要なものや費用、そして家具や家電の選び方についてお伝えします。

Sponsored Link

【新生活】同棲に必要なものは?

新生活 同棲 必要なもの
同棲生活を始めるといっても、新生活を始める時に必要になるものと大して変わりはありません。

まず絶対に必要なものとして、

部屋の契約料、引っ越し代、家具や家電、雑費

があります。

部屋の契約料

まず部屋の契約料ですが、正直これが一番お金が掛かります。部屋の契約料の内訳は、

敷金、礼金、紹介料、鍵の交換代、火災保険加入など

が一般的ですね。費用については次章で詳しくお伝えしますが、地域や間取りによって家賃は変わりますが、多くの二人暮らしのカップルは7~9万円くらいの家賃の部屋を借りています。

そして一般的には家賃は月給の3分の1が目安と言われてるので、二人の収入から話し合ってみてくださいね。

引越し代

次に引越し代ですが、荷物の量や引越し先の距離によって変わりますが、だいたい3万円くらいからが相場です。

ここで注意したいのが、もし二人共引っ越す場合は、倍程度かかるということです。

家電や家具、雑費

そして家電や家具、雑費についてはまず同棲初日から絶対に必要となるものは、

冷蔵庫、洗濯機、寝具、お風呂、洗面道具、最低限の食器、調理器具などでしょうか。

同棲をする上で家具・家電、日用品は、色々と必要になってきます。しかしさしあたっては、必要最低限のものだけを揃えておくのが良いでしょう、

ソファやカーテンなどは実際に生活を始めてから揃えても良いでしょう。

この時、二人で一緒に買いに行くのが良いですよ(*´∀`*)

【新生活】同棲にかかる費用は?

Sponsored Link


同性生活の費用ですが、前章でお伝えしたとおり、

部屋の契約料、引越し代、家電や家具、雑貨の費用、生活費がかかります。

部屋の契約料

まず部屋の契約料ですが、例えば家賃7万円の部屋を借りる場合は、

敷金(1ヶ月)、仲介手数料(1ヶ月)、礼金(1ヶ月)、火災保険(2万円)で、約23万円となります。

これはあくまで1例ですが、家賃が上がればそれだけ総費用も上がりますし、鍵交換や駐車場代などあればプラスされます。

部屋を借りる時には家賃だけでなく、借りるためにはどれくらいの費用がかかるのかを確認して二人で話し合って決めましょうね。

引越し代

次に引越し代ですが、前述した通り、荷物の量や距離で金額も変わってきますが相場は約3万円くらいです。ただこれは、節約することもできるんですよね。

もしあなたの実家から引越し先まで近かったり、大きな家具家電がなかったり、荷物が少ない場合には、引越し業者に頼まず車などで運んでしまえば安く済みますよね。

家具や家電

家具や家電の場合には、あなたの実家から、もしくはお相手の実家から持ってこれるものがあれば買う必要もなくなります。

必要な物があれば最初にお互いの荷物を、確認したうえで買いに行きましょう。

また片方が一人暮らしをしていたのであれば、最低限の家具や家電はあると思うので安くすませられる可能性もありますよ。

生活費

そして生活費ですが、1月の生活費として家賃、光熱費、食費、日用品、あとは携帯代やインターネット代などがかかります。

これらを二人分として考えて、最初に2人に合ったルールを決めてしまうのが、仲良く楽しい同棲生活を送るポイントです。

もしお互い初めて同棲するのであれば、お金のことを話し合うのは少し勇気がいることかもしれません。

しかし、これを話し合わずに、あやふやだったり、なあなあにしてしまって、上手くいかなかくなった同棲カップルは多いので、しっかり話し合っておきましょうね。

そこで同棲生活をするうえでのお金の分担ですが、同棲を始める前にどちらがどのくらい費用を負担するのか二人で決めてください。

もしあなたたち二人とも働いていてなおかつ同じくらいの収入ならば、完全に折半するのが無難です。

またもし収入に差があるのなら負担の割合を変えるなどして、二人で話し合ってくださいね。

払う額が少ない方は、その分家事などの分担多くするなど、お互い納得のいく約束事を決めると良いですね。

気をつけて欲しいのが、慣れてくると「相手が出して当たり前」という態度になってしまうこと。

この態度が出たり見えたりすると、同棲解消の可能性は高くなってしまいます。お金の問題はとても重要ですので、ぜひ話し合って決めていきましょう。

【新生活】同棲の時の家具や家電の選び方

新生活 同棲 家具 家電
家電や家具を選ぶ時に気をつけて欲しいのが、必要のないものやサイズの合わないものを買ってしまうことです。そこで、いくつかお互いで確認してほしいことがあります。

それは、元々持っている家電を新居でも使うのかどうかを確認し、互いの好みやこだわりを話し合って、部屋のイメージを決めてください。

また家電に使う大体の購入費の上限を決めて、新居の各部屋のサイズを測っておきましょう。コンセントや電話のモジュラーの位置なども確認しておくと良いでしょう。

同棲生活をスタートさせて、すぐに家電を買い揃えたい気持ちはわかりますが、全部を揃えるのではなく必要最低限のものだけを揃えていきましょう。

それ以外は本当に必要なものかどうかを、生活していく中で検討してみてくださいね。

また家電ごとに、最低限必要な機能や使いこなせる機能をある程度検討しておくと購入の時に迷わずに済みます。

ここで各家電の注意するポイントですが、冷蔵庫は容量を重視して選んでください、家で食べることが多いのか、外食が多いのか、あなたたちの生活スタイルに合わせて容量を決めましょう。

洗濯機は、洗濯機置き場に適したサイズのもので、洗濯する量によって決めると良いですね。

テレビは画面の高さの3倍以上離れて見るのが基本と言われているので、設置する部屋のサイズとあわせて、視聴距離が満たされているかどうかを確認してください。

まとめ

同棲するにあたって、一番はお互い話し合うことです。何が必要なのか費用はどうするのか、同棲をスタートする前にしっかり決めて楽しい同棲生活をスタートさせてくださいね(*^_^*)