2017年9月14日、台風18号(2017)が強い勢力を持って、宮古島の北に存在しています。

現在の最新予想進路では、宮古島を北上していて、9月17日には九州に上陸する可能性があります。

この台風18号(2017)は関東地方への影響はあるのでしょうか?また関東地方のピークはいつでしょうか?

それでは台風18号(2017)についてみていきましょう。

最新~9月16日9時追記~

~9月15日13時追記~

~9月14日18時追記~

Sponsored Link

台風18号(2017)の最新進路予想!

台風18号 2017 最新 進路 予想
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/


2017年9月14日現在、台風18号(2017)は宮古島の北北西約150kmにあり、毎時15kmのスピードで非常に強い勢力で北西に進んでいます。

17日には九州に強い勢力を保ったまま上陸する可能性があります。

台風18号(2017)の影響で先島諸島では雨雲がかかり続け、宮古島では50年に一度の大雨となっています。付近にお住まいの方は十分気をつけてください。

また9月14日は九州南部も大気の状態が不安定となるので、激しい雨や雷、突風に注意してください。

台風18号(2017)は、9月15日には進路を東寄りに変えていき、17日には九州、18日には日本列島を縦断する進路予想となっています。

関西、関東、東北地方にも台風18号(2017)の影響が出てくる可能性があるので、最新の情報に注意してくださいね。

~9月14日18時追記~

台風18号(2017)は沖縄の西の海上にあり、15日以降に進路を東に変えて進む予想です。

台風18号(2017)が北上することにともなって本州に停滞している前線が活発になり、九州地方や四国地方は強い雨が降っている状態です。

九州・四国地方は、15日にかけて大雨となる予想です。

九州・四国地方にお住まいの方は、交通情報や気象情報に注意してください。

~9月15日13時追記~

台風18号(2017)は15日9時時点で、東シナ海にあり、北北東へ進んでいます。

16日には九州付近に接近し、17日の朝には熊本県に達する恐れがあります。

16日の午後から17日の夜にかけて九州、近畿、東海地方は天候は大荒れになる予想です。

最新~9月16日9時追記~

台風18号(2017)は、16日の午後から西日本を中心に天候は大荒れになる予想です。

16日3時の時点で東シナ海にあり、今後も勢力が強いまま北東へ進行しています。

17日朝までの雨量
  • 東海地方・・・350ミリ
  • 近畿地方・・・300ミリ
  • 九州南部・四国地方・・・250ミリ
近畿・東海地方にお住まいの方は十分注意してください。

Sponsored Link

台風18号(2017)の関東への影響やピークはいつ?

台風18号 2017 関東 影響
台風18号(2017)の関東、東京への影響は、2017年9月14日現在はありません。

9月17日には西日本から東日本に書けて最も接近するので、関東への影響のピークは9月17日の夜から18日にかけてと予想されています。

9月18日の夜には北日本に進んでいると予想されています。

台風18号(2017)の速度が上がらずに台風18号(2017)の影響が長引く恐れもあるので、交通機関に影響を及ぼす可能性もあります。

地域によっては、屋外に出ることも危険になる可能性があるので、最新の交通情報や気象情報をチェックしておきましょう。

最新~9月16日10時追記~

9月16日から太平洋側を中心に大雨の予想で、天候が荒れる恐れです。

特に関東地方の18日朝までの雨量は200ミリ~300ミリ。

Sponsored Link