2017年10月20日現在、台風21号が九州から日本列島に上陸する恐れがあります。14時30分現在の2017台風21号の最新進路予想はどうなっているのでしょうか?

また2017台風21号は関東、東京に直撃するのでしょうか?そして21日、22日、23日の2017台風21号の状況はどうなっていくのでしょう?

それでは2017台風21号についてみていきましょう。

Sponsored Link

2017台風21号最新進路予想!

引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1721.html


2017台風21号の最新進路予想は、今後日本列島の南から北上して本州を横断する予想です。

台風21号は、大型で勢力も強く、今後も発達しながら明日21日には沖縄の大東島地方に接近する予想です

21日の午前9時から22日の午前9時までに日本列島に接近する見込みですが、沖縄の大東島に接近後は速度が速まりそうです。

衆議院総選挙が行われる22日には、西日本に接近する予想です。

22日の朝から夜にかけて500ミリ以上の大雨が予想されています。沖縄、九州、四国地方にお住いの方は天気が大荒れになる恐れがあります。

特に特別警報も発令されるほどの豪雨となる恐れがあるので、衆議院総選挙の投票に向かわれる際には十分注意してください。

2017台風21号の進路は関東・東京直撃?

2017,台風21号,進路,関東,東京
2017台風21号は日本列島を縦断する進路で、関東、東京に向かってきています。

秋雨前線の影響で現在も天候は悪いですが、台風21号の影響で23日まで関東、東京の天候は荒れると思われます。

特に台風21号は23日の明け方から昼頃にかけて東京を通過する恐れがあるので、23日の朝の通勤通学の時間帯に影響が出てきそうです。

23日の朝から昼頃にかけて暴風、豪雨の影響で交通機関が乱れる可能性も十分あるので、通勤・通学の際には十分気をつけてください。

交通機関の情報や気象庁の情報などは逐一チェックするようにしましょう。

Sponsored Link

2017台風21号の進路は21日22日23日はどう?

2017,台風21号,進路,21日,22日,23日
2017台風21号の進路は、21日未明に沖縄の大東島地方に接近する見込みです。そして21日から22日にかけて日本列島に接近する予想です。

22日には2017台風21号の影響で沖縄や九州、四国などで暴風・豪雨の可能性があります。

23日には、関東、東京を通過する予想で、23日の朝の通勤通学の時間帯を直撃する可能性が高いです。

今回の2017台風21号は、勢力が非常に強く記録的な豪雨になる恐れがあります。

九州、四国地方にお住まいの方は特に22日の衆議院総選挙の投票に向かう時、そして東海・関東、東京にお住まいの方は23日朝の通勤通学の際には十分気をつけてください。

台風21号は今後、上陸地点や速度が変わってくる可能性もありますので、最新の気象情報を確認しましょう。

Sponsored Link