池田エライザさん主演の土曜ドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話が放送されます。

今回はドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話を見逃してしまった人におすすめの動画配信サービスを紹介します!

ドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話の見逃し配信動画を無料で、しかも正当に安全に視聴できる方法なんですね~。

またドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話のあらすじや予告動画、感想についても見ていきます。

それでは、ドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話についてと無料視聴の方法を紹介します!

今すぐドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話を視聴したいのなら、フジテレビが提供しているオンデマンドサービス「FOD」はどうでしょう。

 
↓↓↓ FODで無料視聴を確認する ↓↓↓
  • 初回31日間無料!
  • 人気雑誌70誌以上が読み放題!
  • マルチデバイス対応!
  • 最新ドラマが放送後7日間無料配信サービス
⇛ FODの詳細を確認する

Sponsored Link

ぼくは麻理のなか最終話のあらすじは?

ぼくは麻理のなか 最終話 あらすじ
引用:https://matome.naver.jp/odai/

夢の中、功に「日記を見てごめんね」と言って再び消えた麻理。功との別れを恐れ、日記を読むことを躊躇う依だったが、功は一人、すでに実家に戻った小森のアパートを訪ね、一冊のノートを発見する。小森の日記だと思われるそれを携え、二人は小森の実家を訪ねる。小森功の生まれ育った街も家も、功にとって初めて見るものばかりだ。意を決して小森功の日記を読み始める依と功。そこには小森功の冴えない大学生活が綴られていた。功の中に蘇る、麻理の記憶。───日々、小森の様子を観察する麻理。小森の部屋に侵入し、日記を読む麻理。「・・・・・・ぼくは、小森、功」。麻理の中の功は、小森功を一方的に見ていた麻理が作り出した人格だったのだ。功の人格は麻理に別れを告げ、ふみこと共に消えて行った。小森の部屋で起き上がる麻理の体。「柿口さん、私と友達になってくれる?」依にそう言ったのは、確かに麻理。帰ってきた麻理と依は、かけがえのない友達となったのだった。

引用:ぼくは麻理のなか公式サイト

ぼくは麻理のなか最終話の予告動画


ぼくは麻理のなかの感想は?

Sponsored Link


ドラマ「ぼくは麻理のなか」の感想はどうでしょうか?

ぼくは麻理のなか最終話の見逃し配信動画を無料で視聴する方法!

ドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話が仕事や宿題など都合で観れないとか、つい見逃してしまった、という人もいるのではないでしょうか。

そのような人にはピッタリの見逃し配信が無料で視聴できるサイトがあるんです!

違法ではなく正当に視聴できるし、過去のドラマも観れるので上手く利用すればお得ですよ~(*´艸`*)

フジテレビのオンデマンド「FOD」というサービスがあるのですが、1ヶ月無料だったり、ドラマによっては7日間無料配信されていたり、何かと便利です。

 

↓↓↓ FODで無料視聴を確認する ↓↓↓
 

無料期間にドラマ「ぼくは麻理のなか」の最終話を観てしまえば無料ですので、登録して観たあとに解約してしまえば一切料金はかかりません。

詳しい説明はこちら!

⇛ フジテレビのドラマが無料で視聴できる方法を見つけました!

今すぐFODを利用するならこちら

⇛ FODを利用してみる

注意)本作品の配信情報は2017年12月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題・無料期間が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはFODのホームページをご確認ください。

Sponsored Link