三ツ矢サイダーの「僕らの爽快」編のCMで、あることを指摘され現在動画が非公開の状態になっています。

かなり危険な用で真似すると危ないそうなのですが、三ツ矢サイダーのCMが指摘された問題点とは一体何だったのでしょうか?

それでは、三ツ矢サイダーのCMのしてされた問題点について見ていきましょう!

Sponsored Link

三ツ矢サイダーのCMが指摘された問題点とは?

三ツ矢サイダー CM 指摘 問題点
三ツ矢サイダーの「僕らの爽快」編のCMで指摘された問題のシーンは、トランペットの演奏シーンです。

三ツ矢サイダーの「僕らの爽快」編のCMに出演している女優の芳根京子さんがトランペットを演奏しています。

そこへ、後ろから二人の女性が芳根京子さんに笑顔で体当たり(よくふざけてやる感じですよね)されて、驚いてトランペットのから口を離します。

このシーンに対して、トランペット奏者の方が指摘したんですね。


管楽器奏者や管楽器を演奏していた経験のある人なら絶対に分かる事のようで、唇を怪我したり、酷い場合は歯が折れたりすることもあるんだとか。

Sponsored Link


この怪我によって演奏できなる可能性もあるようなので、かなり深刻な事ですよね。また楽器の方にも傷がつく可能性もあるそうです。

問題提起をした管楽器奏者の方は、このようなCMを見た吹奏楽をしている中高生がマネをする危険性があるということ。

そしてトランペット奏者にとって唇は生命線なので、下手をすると音楽生命を失ってしまう可能性もありえるっていうことですね。

僕自身も知らなかったことなのでとても勉強になったなと思いました。

そして三ツ矢サイダーのこのCMはYouTubeでは現在非公開になっているので、CMは放送を取りやめるのではないかなって思います。

吹奏楽部の学生さんはマネしないよう注意してくださいね。

~追記~

三ツ矢サイダーの発売元のアサヒ飲料がツイッターの公式アカウントで正式に謝罪しました。


素早い対応でしたよね。今回の一件でツイッターの有益な使い方を感じさせてくれた気がします。

一視聴者の意見がツイッターの波に乗って拡散し、メディアが取り上げ、企業側を動かす。

そういう時代なんだなぁと感じた一件でした(*^_^*)